全員主人公、全員容疑者。マーダーミステリードラマ アオイウソ 〜告白の放課後〜 TOKYO MXにて2021年1月5日(火)23時半 放送開始

Menu

はじめに

いま密かなブームを巻き起こしている
新感覚の物語体験型コミュニケーション
推理ゲーム
“マーダーミステリー”を日本で初めて
テレビドラマ化

 人狼ゲーム、謎解きゲームに続き、いま注目を集めている新感覚の物語体験型のコミュニケーション推理ゲーム「マーダーミステリー」。2019年に本格的に日本に上陸し、2020年には日本各地に専門店やプレイスペースが拡大し、国産のオリジナル作品も500作を超え、人気マンガ・アニメとのコラボレーションや舞台化が進むなどして、注目を集めながらプレイヤー人口が増加している。そんな数多くある作品の中でも、誰もが共感するキャラクターや人間関係をリアルに描き、多層的な謎と没入感溢れる演出などが評価の高い「裂き子さん」(作者:とんとん氏)を原案として、連続テレビドラマとして実写化することになった。マーダーミステリー作品がテレビドラマ化されるのは本邦初となる。

 放送はTOKYO MXにて2021年1月5日(火)23時30分から開始で全13回。またテレビでの放送終了と同時に、番組公式YouTubeチャンネルにてドラマ本編がフルサイズで配信されるため、放送エリアに関係なくいつでも番組を見ることが出来るという、テレビドラマとしては異例の取り組みとなっている。

 出演するのはソニー・ミュージックアーティスツ所属の今後活躍が期待される俳優たち。井上翔太、渡辺佑太朗、野崎智子、木村文哉、飯田祐真、下前祐貴の6名は、高校卒業後5年ぶりに再会した高校の仲良しグループメンバーを演じ、松尾潤は謎のゲームマスターを、そして里々佳は5年前に命を落とした少女を演じる。